感染対策の徹底

    安心して治療を受けていただくことができる院内環境を

    感染歯科治療で使用する器具が滅菌されていなかったり、スタッフ全員がグローブを毎回交換していないと、院内感染する病気があることが指摘されています。歯の治療ではたくさんの唾液や血液が飛ぶので、しっかりとした感染対策が必要です。

     

    タービンは患者さんごとに交換・滅菌

    タービンは患者さん毎に滅菌

    当院では、患者さんの歯を削る器具(タービン)は、患者さん毎に滅菌・交換しております。

    数年前、約7割の歯科医院にて、歯を削る器具であるタービンやエンジンヘッドが使いまわしをされているというニュースが世間を騒がせました。 ドリルの洗浄には非常に手間とコストがかかるため、多くの歯科医院ではアルコールで拭き取るだけで済ませているのが現状です。

    当院では、手間はかかりますが、歯を削る切削機械類もすべて完全滅菌し、患者さん毎にご用意しておりますので、安心して治療を受けて頂けます。

     

    できる限りすべてディスポ―サブル(使い捨て)を徹底 感染

    当院では、コップやエプロンをはじめ構造上滅菌できないものは、できる限りすべてディスポ―サブル(使い捨て)を徹底しています。

    患者さんに治療で使う歯を削る道具や針などは、高圧蒸気滅菌器や各種滅菌器で必ず滅菌・消毒をおこなっています。

    また、待合室や診療室、すべての部屋の清潔を徹底していますので、小さなお子様にも安心して治療を受けていただける院内環境です。


TOP